So-net無料ブログ作成
ウロチョロ ブログトップ
前の4件 | -

蛍Mission [ウロチョロ]



えふ


ミニパフェ.JPG



今日は蛍にはまってる

ゆうさんの蛍Missionの日




まだランチタイムですので

蛍を見るには早過ぎる時間ですが

半ドン同士でウロウロしてみることにして

えふで集合しました。




ユキノシタ.JPG



基本的にヤマセミ様・カワセミを探しながら

Mission予定地の豊前周辺の山の中へ入って見ようと思います。




R496沿いの川を英彦山川へ登りながら探したけど

何も野鳥がいないので

K32から牧の原キャンプ場の近くから

ゆうさんが入って見たかったと言う

林道へ入ってみた。



入ってスグに・・・


なんだ?あの城.JPG



城?




道が渓流になろうとしている所もある

超マイナーな林道になんで城?



林道にオーバーな城.JPG



もちろんミニチュアですが

石垣もリアルに作り込まれてるよ。

ココ




城は全く謎のまま林道の先へ

行ってみることにします。


森の中.JPG



何処まで行けるかわかりませんが

舗装されてるのでまだまだ行けそうです。



結構な林道です.JPG



鹿の食害を防止する

パイプで囲まれた

苗木の畑などを見ながら

奥へ


山の中.JPG


途中で水子様を祭るお寺があって

その先は普通の車では厳しい道になったので

散策終了!


砂防ダム.JPG



道すがらにこんな

石碑を発見 ↓

城跡があったようだ.JPG


城跡があったので

先ほどのお城のモニュメントがあったようです。



でも、誰が見るんだろうね?







相変わらずヤマセミ様も

カワセミも見つからないまま

ウロチョロは続きます。

渓流.JPG



寒田までやってきたところで

ゆうさんのミラクル案内で

寒田不動明王へやってきました。


堀が綺麗です.JPG


k32を走ってると「南無不動明王」と書かれた

のぼりが立っているので

邪魔にならないように車を端っこに停めます。

(※駐車場はありません)



少し林道を歩くと

高さ10mの大きな磨崖仏が見えてきました。


磨崖仏.JPG



古い物ではないらしいけど

これはデカイ!


不動明王様.JPG


ちょっと特徴的なお顔立ちですが

高さに圧倒されます。



国宝などなら納得ですが

結構マイナーな存在で

この大きさは立派です。




野鳥じゃなくて

完全にプチ観光になってる




次、何処行く?



「ハス池に行きたい」と

ゆうさんのリクエストで行って見たけど

花は咲いていませんでした。


パックマン.JPG


パックマンがいっぱい


トンボ.JPG



サギもいないようなので

グルッと山を越えて

k32のト仙の郷へ




小さな温泉がある静かなところで

停まって見ると宝寿寺がありました。

杜仙散策.JPG



中には入って無いけど

ゆうさんはHITしたらしい


いい表情です.JPG



そのお寺の横に茶房があって

手作りパンに看板があったので

入ってみた。


天然酵母のパン.JPG



自然酵母のコロコロした

パンがいっぱいで

ゆうさんにおやつのクルミパンを買ってもらったよ。





おやつを食べて

まだ時間が余っていたので

耶馬溪にカワセミを探しに行ったけど不発。





でも、鳥寄せの達人を見つけました。


極意を教わりたい.JPG


あのおばさんなら

ヤマセミ様も手乗りにしちゃうかもしれません。





で、Mission地へ戻りますが

ショートカットの林道の峠の天辺にあった

傾城隧道


傾城隧道.JPG


コンクリートでそれほど

古い感じじゃないけど

良い雰囲気のトンネルだ。




じゃ、やっとこ

シェンロン.JPG



夜は絶対来たくないトンネルでした。




このトンネルを越えると

tonojinと待ち合わせしてる

西友枝のお蕎麦屋さんの近くに出ました。


蕎麦の花.JPG


周りには蕎麦畑があるので

地産地消のそば粉かな?



お店の場所を確認して

ホタルの下見をしてると時間になったので

お店に行くと福岡からそのまま

九州の首を横断して来た

tonojinが先に着いていました。



んじゃ、早速3人でお蕎麦を頂きます。

蕎麦.JPG

   ↑ お店の名前はこれ



蕎麦シロートなので十割蕎麦なのか

八割なのかわかりませんが

丁度良い腰で美味しかったです。




蕎麦の旬で言えば一番旬から外れていますが

美味しかったので新蕎麦のシーズンにはまた

来て見たいお店です。




お店は座敷に通されたけど

その窓に可愛い奴が張り付いていました。


食わせろと言っています.JPG



食後に見るのも

風流です。




じゃ、もっと風流なメインイベントへ向かいましょう。




時間もベストタイムです。

半月.JPG


下見をした松尾川のめぼしい所を

チェックしながら遡って行くと

いました!




しかもウジャウジャ!


なかなか写らないホタル.JPG



蛍Missionの3人は

もう感動しまくりです。




しかし写真となると
 
これが写らないんだな。




仕方ないので心のシャッターを

切りまくるのであります。




それでは僕の

心のシャッターの中身をどうぞ ↓

心のシャッター.jpg


こんな密度の蛍が

川の至るところで見れるのでした。




21時を回ると

急に飛ぶのをやめるようなので

これで蛍Missionは終了!




tonojinはガソリンが無いと言うので

R10で帰って

僕はゆうさんが車を置いてるところまで

送って解散!




では来年のMissionでまた会おう!

(tonojinが一回も出てこんぞ!)




nice!(82)  コメント(62)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

さくら [ウロチョロ]


桜.JPG




さくら咲きました

(もう散り初めている所もありますケロ)





お堀の桜.JPG




今日はグァ~グァ~倶楽部でも無く

廃墟でもなく、ただ普通に

桜を見る観光客になってる響です






満開の桜の枝がはみ出している

外堀を眺めつつ

見上げればそこには

日本三大名城が

熊本城です.JPG



桜の名所として有名な

熊本城だよ。





ブルーノ君で一度このお城の外周を

散策したけど

中に入るのは26年振りでござまいます。



迫力の本丸.JPG



慶長6年(1601年)に加藤清正によって

築城されたお城で

清正流と言われる美しいカーブ描く

石垣が綺麗なお城です。





明治10年の西南戦争の時に

消失してしまいましたが

復元されて美しい姿が今でも見れます


市街地側.JPG




初めて登って見た

天守閣の最上階から熊本を取った気分に

なってみよう!



金峰山方面.JPG



お尻がムズムズする高さです。


阿蘇方面.JPG



市街地側を見ると

遠くに阿蘇が見えます。




復元とはいえ美しい城です.JPG



と、お城がメインになっちゃいそうですが

満開の桜を満喫させていただきました。




平日なのにこいつら何やってんだ?と思うような

大勢の人間を見て熊本城を出ます。







お城の周りの近所が繁華街になっていて

そこでお昼御飯を食べても良いのだけど

折角熊本に車で来てるので

ナビを使って菊リンのお友達のパスタ屋へ

行って見ました。


菊リンの友達のお店.JPG

しあわせの生パスタ Delgiorno




少し郊外にあるけど

迷うには十分な街中にありました。


しあわせになります.JPG



生パスタって食べた事が無い気がするけど

腰があって美味しいね

ベーコンとジャガイモの塩パスタ.JPG


シンプルな塩ベースのパスタにしてみましたが

パスタによくスープが絡んで美味しいよ。



で、また行きたいけど

ナビが無いと行けそうにないかも。



もしバイクで行くなら菊リンに案内してもらいましょう。





熊本城の桜がメインだったので

他の観光はせずに一般道で地道に戻ります。




R3をダラ~と運転してると

眠気が来たので県道のクネクネ道に入って

スッキリ目覚めたところで矢部村にやってきました。



矢部村.JPG



日向神ダムの下が

いつも気になっていたので入り込んで見ました。


満開.JPG


いつも↑あの橋から下のここを見ていて

何時か行ってみようと思っていたのであります。




細い道を入ってダム下を目指すとキャンプ場があって

なかなか良い雰囲気の公園を見付けたよ。

ダムの下流.JPG



桜も綺麗だし

ダム下の谷間の風景が

なかなか情緒があってよろしいかと思います。

素敵な公園でした.JPG



川沿いにはこんな木道が整備されていて

カワセミ探しも出来ます。




野鳥もゆっくり探せる木道です.JPG



今日はカワセミは見なかったけど

きっと通えば見つかりそうな雰囲気だよ



誰も居ない良い所です.JPG



ソォ~と近付けば

あの木道の枠とかに留まっていそうだもん。




この公園からさらにダムサイト側へ行くと

大きな一枚岩が川に迫り出していました

巨大な一枚岩.JPG


どこまでが一個の石なんだろう?



水の色が濃いので

深そうです。




でも、水量は通常より減ってるようで

ダムからの放水も無いようです



水が無いので発電はストップ中.JPG




日向神ダムの堰堤まで来たけど

横にある水力発電は止まっていました。



何気に堰堤は泣いてる顔に見えちゃいます




しかしこの日向神ダムの2つの放水口は

迫力あるね。



あの穴からドバーー!って放水される所を見てみたいです。






その日向神ダムの上へ




桜が綺麗な所なんです。

日向神ダムの桜.JPG



お城の桜とはまた違った

趣です。







そんなわけで

今日は一日純粋に桜を見る

ドライブでした。


下筌ダムの桜.JPG






nice!(67)  コメント(44)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

お勉強ツアーその2 [ウロチョロ]



さぁ、響のお勉強ツアーその2です

(「その1」はココ




「その2」なんて書いてるのでその3もその4もあると

思わせといてこれで終わり・・・ミタイナ






んじゃ、シンガポールのホテル(五つ星ホテルだったらしいです)で連泊した翌日は

まるまる移動日です。




シンガポール空港に行ってまたまた

5時間も飛行機の中ですが

最新の映画を見たり寝て過ごすと

真っ暗な中にオレンジ色のライトが連なる

陸地が見えてきた。





ベルト着用のサインが出ると

その陸地に着陸して二ヶ国目に入国







バスに乗り換えて空港から出ますが

飛行機の窓から見えていたオレンジ色の帯は

高速道路だったようです。




しばらく同じような景色の中を走っていくと

だんだんビルだらけの街へ







上海市街地



1 森さんち.JPG


まるで高さを競うように

高層ビルがニョキニョキと立ち並ぶ上海



あれこれモメてる時ですが

都会はそれほど心配する事態には

なっていないみたいです。

(ガイドさんによると色んな不満を持ってる地方の人がデモの中心らしい)




その周さんってガイドさんの話を聞きながら

ホテルに入る前にまずはお食事タイムです。




ちなみに本名を出していますが

周さんて名前は1億4千万人もいるそうです(汗)




3 日本のモクズガニと何処が違うの?.JPG



レストランに入ると上海ガニを売っていますが

何故か料理に出てこないのは

やはり好き嫌いがあるからか?

(僕はあまり好きじゃない)




とりあえず薄味の料理は

受け入れやすくてとても美味しかったのですが

メインはやっぱりビールなのでありました。


2 普通に飲めます.JPG



これまたクセも無く

アルコールも3.8%と軽いので

ゴクゴクいけます。




食事を済ませて

ホテルへ行く時にバスの運転手が道を間違えて

大回りでホテルに行くことになったけど

おかげで観光しながらホテルに到着



4 高いビルってめんどくさっ!.JPG



まるで高いことが「エライ」かのような建物だらけで

実際に泊まるホテルも例外じゃなく

みんなと部屋で集まって飲む時も

階が離れてるのでめちゃくちゃめんどくさいです。

(ここも五つ星ホテルだったようです)




んで、研修仲間と部屋で飲むのだけど

一人飲みすぎてマーライオンになったりと

楽しい夜を過ごすのであります。










[晴れ]

∠・m= チュンチュン





翌朝







部屋の窓を開けると・・・


5 朝起きてホテルから外を見たら目が霞んでいました.JPG


朝もや?






少し喉が痛い気がしますが

今日も天気が良いみたいだ








さぁ、研修、頑張りましょう!






大人の社会科見学開始です





6 どんなものか見に行きましょう.JPG



10月いっぱいで終わるので

駆け込み入場で軒並み入場者数の記録更新中の

上海万博




周さんのアドバイスでは

人が少ないパビリオンをさっさと見て

後は何を見るかと言うと「人の多さを見てください」

「そして名物となっている割り込みも見てきてください」

と言ってました。




実際に聞いた話では車椅子で優先で前列まで行って

ヒョイと立って普通に並ぶなんて当たり前らしい(笑)


13 並べるバイタリティーは凄い.JPG





地元の上海っ子は実はそれほど万博には入れ込んでないらしく

入場者のほとんどが地方から気合を入れて観に来ているので

必死らしいです。



「急成長したためマナーなどはまだまだはこれからです」と

周さんが言ってましたが

僕らも半日もいたらなんだか道路も好きなところで渡るし

染まっていってる?





しかし大人気の中国館の列は凄かった・・・




とてもこれは真似できません ↓


10 暴動みたいな風景.JPG



もう、半分暴動状態です。





人の数だけでも凄いのに

人と人がくっつき過ぎ!





何て言ってるかわかりませんが

たぶん「どうなっとんじゃ~!」とか

「コラ~!さっさと進まんかい!」などと言ってると思うけど

列から出ようとする人を

武装警察が制したりと

なかなか壮絶な風景です。






万博を総括すると全てこのシーンになってしまうほど

インパクトがありました。



9 壊しやすそうな建物.JPG



一部のパビリオンでは壮絶な戦いが繰り広げられていますが

他は普通に平和に見れます



7 漢字で国を推理するのがおもろい.JPG


とりあえず漢字読みの国当てクイズ感覚を楽しみながら

色々と見て回ります。



日本語表記が無いので

イマイチ判らないけど

それなりに楽しめます。


しかし

何ヶ所かのパビリオン内でお土産を買いますが

どれが店員だかわからないんだよね(汗)



商品を持って店員を探してキョロキョロしていると

一緒に回ってた研修のメンバーが指差して「あの娘じゃない?」

と言うので見てみるとポテチ食べてるし

違うんじゃない?


またメンバーの方を見ると

「名札してるから絶対そうだって」と言うので

見ると確かに名札があるけど

相変わらずペチャクチャしゃべりながら

ポテチを食べています。




半信半疑で商品をその娘の前に出すと

「持って行きよった!」




店員でした。



しかもポテチの油の付いた手で

商品を持って行きます。




愛想はゼロです(笑)






買う時はみんな共通して

めんどくさそうな顔して

買った商品を投げるように扱います(笑)




資本主義国家育ちには

なかなか刺激的な買い物です。







広大な敷地内をさらに散策すると

大きな橋の下を通りましたが

この橋桁も刺激的だよ


8 突貫工事です.JPG


あともう2本で良いので

柱を追加してください。






で、お昼になったので

会場内でお食事ですが

亀などを食べてスタミナを付けて

再び会場散策を続けます。





11 並んで無いので入ります.JPG


一応、ここにも入って見ます。




中に入ると平壌の街のパネルがドーンと貼ってるダケ

12 平壌の風景.JPG


みんな二度と買えないとか言いながら

切手などを買っていました。

(とうぜん、メンドクサそうに接客されますケロ)



14 大人気の中国館.JPG




ほぼ一周して中国館まで戻って来ましたが疲れました。


広過ぎです



川を渡って行く産業館エリアは

精魂尽き果てたので行きません。


15 怖い.JPG



気持ちの悪いオブジェの先にある

集合場所に早々と集まって

みんなベンチに座って世間話を始めます(笑)


16 汽水って炭酸のことだったのね.JPG


スポンサーである安心して飲めるコカコーラで

喉を潤して体力をリセットした後は

夜の研修へ






またまたクルクル回るテーブルで食事して

案内されたのは・・・・




「東京で言うと銀座みたいな場所です」(周さん)


「お金やパスポートを

スラれないように気をつけて下さいね」(周さん)





ラジャー!


17 東京で言う銀座らしい.JPG



研修メンバー達と一緒に

オプションツアーを組まずに

自由研修を・・・



18 現地人に化けて散歩.JPG



名札などを隠して

完全に現地人に紛れたつもりでしたが

「時計あるよ・・・センエン センエン 

ロレックスあるよ」





と何人もウザイくらい寄って来ます。






追い払っても

「3つでセンエンどうですか?」



と、また違う人がやってきます。





大通りはウザイので一本横の通りを歩くと

静かになりました。






治安の心配は警察署があるので大丈夫

19 上海の白バイはクルーザータイプ.JPG


上海の白バイってアメリカンタイプなんだね。

(中国製?)




その路地を港方面へ歩くと

こんな所へ出ます ↓

20 電飾バンザイの風景.JPG



メチャ綺麗です。



もう、光らせれるものなら

何でも光っています。



21 バブルだねぇ~.JPG



航行してる船も全部光ってるぞ




23 何でも光ます.JPG



万博期間なのでイルミネーションが綺麗だと言ってたけど

これは凄い!




イルミネーションもカラフルで

目立った物勝ちって感じです。



22 電波塔の真ん中はホテルです.JPG


このロケットみたいな奴は電波塔ですが

球体と球体の間はホテルらしいよ。




あの小泉さんも泊まったみたいだね。






で、こんな煌びやかな夜の上海ですが

一夜明けると・・・


24 電飾がなくなると夢から覚めたような街になる.JPG


まるで夢から覚めたような風景になります。



でも、今も尚建設中の高層ビルもあって

人民パワーと経済の勢いはすさまじく

大きな存在になることは間違いないでしょう。



と、最後の感想だけは研修らしいでしょ?





しかぁ~し!

本当の研修はここからなんだよ。




上海港に停泊している船に乗って

これから船の中での本当の研修が始まります。


25 船の通勤ラッシュ?.JPG



[船]


出国手続きを済ませた船は

ゆっくりと上海港を出ます



26 上海港を出航.JPG




港と言ってもここは川




しかも支流なのだ





どんだけスケールがデカイんでしょう!




長江(昔の揚子江)の支流だけど

その両脇にはずっと途切れることなく

造船所や工場が並んでいます


27 巨大タンカーを一度に何隻も造っています.JPG



巨大タンカーの量産所もあって

ビックリ





船内のホールで研修開会式などを

行っている内に

やっと長江へ出ましたが

これも川ですか?


28 長江です.JPG



どっちが岸か判りません(汗)






で、船の中の生活ですが

シンガポール・上海と一緒に遊んだメンバーで

あるテーマに沿って研修をするのが目的ですが

それ以外の時間は船内の施設で遊び放題です。


29 南西諸島沖?.JPG



外洋に出た頃にブリッジ見学が出来たので

ブリッジへ



30 何も陸が見えない外洋です.JPG



船の計器はやっぱりカッコイイ!


31 艦長になった気分です.JPG




ブリッジ見学の他は航海士による

ロープワーク講座やフィットネスクラブや映画館もあって

御飯は毎回フォークとナイフを両端から使う

料理でございます。


32 船の料理.JPG



どれも一流のお味です


33 間違いなく摂取オーバーになります.JPG



これを5日間食べますが

間に和食も出てくるけど次第にB級グルメが食べたくて

仕方なくなります。 (贅沢だ)






奄美大島に被害をもたらした低気圧に捕まって

かなり揺れる日もあったけど

無事研修も終わり船は日本領海内へ


34 駿河湾から富士山が見えました.JPG



打ち上げパーティーを終えると

船は横浜港へはいります


35 ベイブリッジを通過.JPG




ベイブリッジの下をくぐって

横浜大桟橋へ


36 横浜大桟橋が見えてきました.JPG



か、帰ってきた・・・





37 かなり注目を浴びています.JPG


船の全貌を見ないまま

帰って来たけどみんな写真を撮ってるので

カッコイイ船なんだと思います(笑)


38 花嫁さんからも手を振られます.JPG



2階の花嫁さんも手を振っています。





そういえば横浜って僕は始めてだ





キョロキョロしていると

赤煉瓦倉庫を発見!

39 赤煉瓦倉庫ってここだったのね?.JPG



へ~!

こんな所にあったんだ。







下船案内が出たのでパスポートを持って

下船しました。


40 これから丘揺れと戦います.JPG




5日間ありがとう!



41 結局全景を見ないままお別れ.JPG



結局全貌が見えないまま

桟橋から出るシャトルバスで

羽田空港まで運ばれて黒い飛行機に乗って

終了!





あぁ・・・・これで報告会とか

荷物の整理が無ければバンザイ!なんだけどなぁ~




で、帰った直後にまた大阪に講習に行ったりして

ヘロヘロな日々は終了!






以上! 響の報告終わります


nice!(76)  コメント(58)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

お勉強ツアーその1 [ウロチョロ]




ただいまぁ~!


okonomiyaki.JPG


研修や講習が続いて雑魚捕獲も

バイクにも乗れなかったけど

やっと最後の大阪の講習を終えて

九州に帰って来ました。






これで報告書や残務処理が残っていますが

しばらく平穏な日々を送れそうです。





17日振りに会社に出社しますが

いきさつを知らない人は僕が病気になってたとか

逃亡していたと思ってたらしい。





まぁ経緯はと言うと

いきなり事務所に呼ばれて

「研修・・・・決まったから」


「行って」




「期間が無いのでさっさと準備してね」






んな訳でちょっと前の東京の研修を終えて

スグに愛しい九州から離れることに・・・


1 羽田.JPG



初めての関西空港です。






北九州空港から直接便が無いので

メチャ面倒な空港なので

初めての利用です。





関空の横のホテルに前日インしていたので

朝はゆっくりと起きて空港へシャトルバスで行った後は

バタバタと手続きを済ませて

飛びます [飛行機]


2 ガァ~ガァ~は飛んでいません.JPG



6時間も・・・







退屈です。




これも研修といった

お仕事なので我慢です。





でも、最新の映画なんかが見れたので

後半はアッと言う間に到着!


3 空港到着.JPG


この研修の為に仕方なく買った

特大スーツケースを受け取って

外に出るけど気温34℃だって





シンガポールは常夏だ!

(体調壊しそう・・・)



4 街に入ります.JPG



団体様御一行なので

ガイドさんの案内を聞きながら市内へ


5 チャリンコのホイールかよ!.JPG



あのチャリンコのホイルみたいなインパクトのある

観覧車は世界一の高さで日本人の設計らしいよ。



下に見えるカラフルなスタンドはF-1のコースだ。



6 地震がが無いからあんな建物が出来るんだって.JPG


地震の多い日本では考えられない

デザインのホテルが建ってて

上のホットドックみたいな奴はプールなんだって。



スゲーな。




淡路島くらいの大きさの小さな国だけど

何でも一番が好きな

シンガポールの建物のスケールはデカイのだ。





7 マンダイリンオリエンタルホテル内.JPG


とりあえず初日はとっととホテルに入って

カンパァ~イ!


8 マーライオンは実はトラだったって知ってた?.JPG


はい、研修ですけど

もう夕方なんでビール解禁です。




で、翌日は市内を離れて

シンガポールでは数少ない自然の残るエリアへ

観光・・・・・いや、研修!


11 農園の廃墟.JPG

農園の赤煉瓦の廃墟に

つい反応してしまう悲しい習性です




高速をしばらく走っていたけど

寝ちゃったので起きたら農場でした


12 野菜のプラント栽培.JPG


ここでは土地の少ないシンガポールらしい

野菜のプラントを見学




ね?

観光とはちょっと違うでしょ?



農園内を見ると知ってる野菜もあるけど

ほとんどは未知の野菜です。



こんな巨大なピーピー豆を発見! ↓

13 巨大ピーピー豆.JPG


今日の弁当はこの豆一本なんてのも

出来そうなほどデカイ

(同じ研修メンバーに「ピーピー豆は九州しか通じないよ」と言われた)




ほうれん草とキャベツを足して2で割ったような

バターヘッドって野菜を試食して

そのバターヘッドで作った青汁を頂きますが・・・

14 罰ゲームのような飲み物.JPG


罰ゲームのような飲み物でした。




熱帯の暑さに耐えながら

農場の先にあるマングローブ林が残る

スンゲーブローへ移動



15 ジャングルチックです.JPG



ここには可愛いイグアナや

マッドスキッパーがいますとガイドさんが言ってたので

暑いけどちょっとテンションが上がります。



マッドスッキパーってムツゴロウの親戚で

めちゃ雑魚部屋で飼いたいと思っていた奴だ。


しかも可愛いイグアナって

キノボリトカゲみたいな奴?



それは是非見つけて

触ってみたいな。

(捕獲用の網を日本に置いて来てしまった)




ジャングルの中の遊歩道を進むと

マングローブが茂る干潟の中に入りますが

そこで・・・




イターー!


16 マッドスッキパーです.JPG


マッドスキッパーです。



魚ですがマングローブの根っこに

登ったりする可愛い奴です。



もっと干潮になると

沢山見れそうだけど

まだ引いてないみたいだね


17 海です.JPG



満潮になればこのマングローブの根っこは

全部水の中かな?

18 マングローブだよ.JPG




しかし凄い根っこだね

19 絡まってるように見える.JPG


中に入ると出て来れなくなりそうです。



水中を見ると

すごくカラフルな魚が泳いでるよ

20 すげぇ模様の魚だ.JPG


あまり食べたいとは思わない模様です。



その干潟の先を見ると

焼畑の煙で霞んで見難いけど

お隣、マレーシアが見えます

22 焼畑の霞らしい.JPG



たしか一緒の国だった過去があったようですが

独立したんだよね。




しばらく新しい発見も無いまま

マングローブ林を歩いてると



いました!




トカゲです!






触る気満々でしたが

とても想像していた奴とは

かけ離れてる奴を発見!




21 こんなん触れるはずがないやん.JPG



これ、触れんやろう・・・・(汗)




怖すぎるやろ!





コモドドラゴンの仲間だよね?




マレー・ミズオオトカゲって言うようで

尻尾パンチの威力は凄いらしい。



良く見るとジャングルの中を

何匹もノッソノッソと歩いているのでありました。




それではバスに戻って

また街へ戻って普通に観光します。

(研修だったのでは?)






アラブストリートです。


25 初めて見るかも.JPG


中国系の移民が過半数を占めますが

多民族国家なので

こうしたイスラム教のモスクもあるのです。




24 イスラム寺院です.JPG

サルタンモスクと言いまして

中に入るとアラーの神様に向かって

礼拝する信者の方が沢山いました。

(女性は肌が見える服はダメだよ)




このアラブストリートでちょっと時間があったので

ブラブラしてみるとCB400SFを発見しました

23 CB発見しました.JPG



それとCBRも発見しました


26 CBRを発見しました.JPG


恐らく旧型のCBR1000RRの

レプソルカラーだと思うけど

日本仕様と何処が違うのかわかりません。



そのCBRの横にYAMAHAの

RX135ってバイクを発見!

27 RX135なるバイクを発見しました.JPG


知らんぞ



RD125のスケールUP版か?




ギアを見るとロータリー式にも見えます。







ついライダー響へトリップしましたが

アラブストリートの後は

チャイナタウンへ


31 華僑の人たちが建てたお寺.JPG



すげぇお寺です。



多数を占める中国系の移民達が寄付で建てた

お寺ですが

同じ仏教とは思えないゴージャス振りです。



30 50億円のお寺の中です.JPG



お釈迦様の歯が納められているようですが

日本のお寺と違いすぎて

まったく別の宗教を見てる気になります。




高級旅館のようなお寺を出ると

チャイナタウンらしい路地があります

32 横はいい感じの路地です.JPG


観光客用と住民用のお店が

入り混じる面白い路地です。


36 よく乾きそうです.JPG


見えるマンションからは

スペース効率のよろしい

物干し竿が飛び出ています。




せっかく生活感のある場所へ来たので

地下にある市場へ行って見ると


こ、これは・・・



33 雷魚ですか?.JPG


雷魚でしょうか?



POST OPERATIONって書いてるので

中国から輸入した魚?



そのドライモンの横には

水槽じゃなくて

檻が・・・・





さっきの雷魚もルアーで釣ったことがあるけど

これも釣ったことがある!




針を外すのに泣きそうになった奴だ!





34 目が合った・・・.JPG



カエルは好きだけど

唯一嫌いな奴・・・




でも食用ガエルって言うくらいだから

当然、ここでは立派な食材だよね。


居酒屋で食べたことがあるけど

意外と淡白で美味しいんだよね。



その食材がみんな同じ方向を向いて

たそがれています

35 みんな同じ向き.JPG



お店が閉まって暗くなると

鳴くんだろうか?




かなり怖い夜の地下市場になりそう。








で、後半は

シンガポールのメインを観光します。



37 忘れ物したくないビルです.JPG



シンガポールの名前の由来である

マーライオンを見ないと!


28 マーは人魚のマーです.JPG



シンガポールのシンガはライオンの意味で

マーライオンのマーはマーメイドのマーと同じ意味なので

体は魚です。



一時はガッカリスポットとして有名でしたが

巨大なパパライオンが出来たので

これはオシャレなママライオンとして

活躍しているようです。

(風水の意味もあるんだよ)




29 ホテル側です.JPG


ママライオンから泊まったホテルを見て

バスでパパライオンへ移動です。



巨大なコンテナ基地を抜けて

セントーサ島へ行きました。





ほら37mの巨大なマーライオンが ↓


39 これがパパライオン.JPG



目が光ってるし

口の中は展望台らしいぞ



41 デカイだろ.JPG



ライオン顔のモビルスーツみたいだ





とりあえずこれ

やっとこ ↓

40 一応やっとく.JPG



後ろの団体様から見られていますが

二度と会うことも無いだろうから関係無い





そうそう、このセントーサ島では

研修でこんなことも学びました


38 稼がせていただきます.JPG



ラスベガスと違ってパスポートを見せないと

入れません。



撮影禁止なのはベガスと一緒で

スロットの当たりがランボルギーニディアブロだったけど

せっかくのカジノなのでディーラー相手のゲームが

したくてブラックジャックで遊びます。



シンガポールドルの換金をあまりしていなかったので

最低の25$テーブルでゲームを始めると

あっさり5倍くらいになっちゃった。



これも日々清めている金運UPのおかげでしょうか?



時間が短いので一回も負けることなく

同じ島の海岸にあるソング・オブ・ザ・シーに行きますが

スゲー人の数です。

42 なんじゃ、じゃこの人ごみは!.JPG


人気アトラクションらしいけど

これに混ざるの?



と、覚悟を決めたけど

半分はショーを見終わって帰るお客さんでした。



43 なかなか綺麗なのでございます.JPG



噴水と花火のショーを満喫して

シンガポールの夜は更けていくのであります。



9 夜の散策中.JPG



ホテルに戻って

7・11にビールを買いに行って

シンガポールでの研修お疲れさぁ~ん!


10 ママライオンは対岸です.JPG



その2に続く・・・


nice!(76)  コメント(50)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク
前の4件 | - ウロチョロ ブログトップ